悪天候 引越し

悪天候と引越し

引越し 台風

 

近年温暖化の影響なのか台風の進路ルートが変わり、大型の台風が日本列島を横断して大きな被害をもたらすことが多くなりました。
夏場は大型台風、冬場は記録的な大雪で川が氾濫したり、道路が寸断して数日に渡って大渋滞するニュースが増えたように感じます。
もし引越し当日にこれらの自然災害が当たったら、どうすればいいのでしょう?

 

梅雨や秋雨の時期は長雨になることが多いので、引越し業者は雨の引越しは慣れています。
家財にカバーをかけたり、家の中に防水シートを敷いたり、靴下の替えを多めに持っていくなどするそうです。

 

しかし大型台風や記録的大雪の時は、依頼者や引越しスタッフの命にかかわるので中止や延期もありえます。

 

もし引越し当日と天候の荒れが同じタイミングなら、すぐに引越し業者に連絡して対応を協議しましょう。
予約時間の変更、延期、中止、様子を見て決行など対応はケース・バイ・ケースですが、どちらかの意見だけでは決められません。

 

引越しの前日と当日にキャンセルするとキャンセル料がかかることもあるので、時間に余裕を持って連絡を入れておきましょう。