引っ越し業者 人気 安い

引っ越し業者は人気で安い会社がおすすめ@お得に引越し

引越し 見積もり

引越し 見積もり 価格

引越し 見積もり 費用

引越し 見積もり 相場

引越し 見積もり 比較

 

引越し業者を決めるには、複数の引越し業者から見積もりを取って比較してみないと選ぶことが出来ません。
あなた自身の引越し相場や最安値を知るには、複数の会社の見積もりが必要だからです。

 

複数の引越し業者から見積もりを取るのに便利なツールが、引越し業者一括見積もりです。
一度の情報を入力するだけで、あなたがお住いの地域に対応できる引越し業者から見積もりを取ることができます。

 

利用料は無料ですので、ぜひご活用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


 

 

引っ越しの手順を知っておくと便利

 

引っ越し 手順

 

引越しはすることが多いですから、おおまかな手順を一度ぜひご確認くださいね。
当日まで焦らずに過ごせるといいですね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

することは多いですが、時期がずれていますので一度にすることはそんなにないのです。
一つずつ見て行きましょう。

 

引越し業者に見積もりをするのは、新居が決まってからがオススメです。
新居の情報も費用に関係するので、新居が決まる前に見積もりを取っても正確な金額は出せないのです。
当日追加料金が発生するようなトラブルは絶対に避けたいですね。

 

そして新居に持って行く荷物は、出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるからです。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出しておきましょう。
忘れるととても面倒なことになりますからお忘れなく。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割り計算してくれます。
精算方法はそれぞれの会社によって異なるので、まずは電話にて確認してください。

 

引っ越しによって郵便物が新居に届かなくなるのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。

 

さて、引越し日は荷物の運送はほとんど引越し業者にお任せです。
しかし大事なもの、壊れたら困るもの、見られたくないもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。

 

荷解きはゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので、できるだけ早めに警察署に行きましょう。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しの依頼件数は3月が1年で最も多く、この時期を引越し業界の「繁忙期」と呼びます。
繁忙期が3月に起こる理由は、日本では4月に新学期を迎えるためです。

 

新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込むために、3月に引越しをするのです。

 

そしてもう一つの大きな理由は、会社の人事異動です。日本は転勤が多い国です。
春の大規模な人事異動はだいたい2月の終わりから3月頭に言い渡されるため、前もって充分な余裕がありません。

 

春の人事異動は、一番の繁忙期に引越しせざる得ないのです。

 

また転勤は遠距離となることも多く、引越し費用が「100万円かかる」と言われることもあるそうです。
できれば繁忙期の引越しは避けましょう。

 

どうしても繁忙期を避けられないのであれば、新居を早く決めて一括見積もりをし、引越し業者と契約しておきましょう。
準備が遅くなればなるほど条件がきつくなり、費用が高くなり、最悪依頼を断られます。

 

繁忙期の引越しはスピードが命です。

 

 

引越し業者の有料オプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には別に料金がかかる「有料オプション」というサービスが存在しますが、どんなものかご存知ですか?
以下のようなものが、有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

このように、すべての人が必要なわけではないけれどあると便利なサービスばかりです。

 

この中で多いのがエアコンの移設なのだそうです。
エアコンは高価な家電ですから、自分で買って取り付けたのなら新居にも持って行きたいと思うのが当然です。。

 

しかし自分で移設は出来ませんから、引越し業者にエアコンの移設を手配してもらうのです。
もちろん自分で手配してもいいのですが、時間にも費用にも追われますし、費用もさほど変わらないのでオプションを依頼したほうが楽です。

 

車の陸送もそうです。
運転が好き、得意な人ばかりではありません。
ほかにも仕事が忙しい・長距離を走る体力がない・幼子がいるなどの理由で車を遠距離運べないこともあるのです。

 

今どきだなと思うのは、盗聴器の調査です。
コンセントの中に埋め込まれた盗聴器はまず気が付きませんから、気になる人は入居前に調査してもらうと良いですね。

 

それが引越し業者に依頼できるのであれば嬉しいですね。
このように一部の人にはとても便利な事柄がオプションサービスとなっているのです。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら、ご近所の方にあいさつをしに行きましょう。
でもご近所というのはどこまででしょう?

マンションやアパートであれば左右と上下の計4部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣の計5軒のお宅まで行くのが一般的だそうです。

 

それとこれからお世話になるマンションの管理人さん、大家さん、そして一軒家の場合はゴミ当番や町内会の行事のこともありますから自治会長さんなどにも挨拶しておくと印象が良いですね。

 

挨拶に行くタイミングはできるだけ早くです。
一般的には引越し当日、遅くても翌日までに行きましょう。

 

引越しの時に長時間、道路や駐車場にトラックが止まって作業をしますし、引越しスタッフの足音が響きますから、早めに挨拶に行くことで印象を良くしておきましょう。

 

てぶらよりは、何か手土産を用意しておくと気持ち的にも行きやすいです。
高価なものは必要ありませんので、500〜1000円程度のもので大丈夫です。

 

人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。
第一印象は大事にしたいですね。

 

 

引越しとキャンセル

 

引越し キャンセル

 

万が一引越しをキャンセルすることになった場合、キャンセル料はかかるのでしょうか?
引越し業者のキャンセル料がいつからかかるのか、そしていくらくらい請求されるものなのか調べてみました。

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると以下のようなことが書かれてあります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できます。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

これによると、引越し日の前日からキャンセル料が発生することがわかります。
簡単にキャンセルをされると困るという理由で、引越し業者が勝手に法外なキャンセル料を設定したりできないようにしているのでしょう。

 

しかし1週間前でも3日前のキャンセルでも、引越し業者にとっては大変迷惑な話です。
もしかしたらほかの人の予約を断っているかもしれません。

 

ですからキャンセルが決まったら前日まで先延ばしにせずに、できるだけ早く引越し業者に連絡してくださいね。

 

それと「標準引越運送約款」は改訂される可能性があります。
必ず引越し業者を交わした契約書の「キャンセル」の項目にも目を通しておきましょう。