引越しのダンボール

ダンボールの使い方

ダンボールに入れるもの引越しでたくさん使うダンボールですが、初めて引越しをする方などは意外と使い方に失敗しがちです。まず、とりあえず入れてしまおう、と大きなダンボールに本などを詰め込むと、重くて後から動かせなくなるといったトラブルもあります。

本などの重くて密集度の高いものは小さなダンボールに詰め込み、雑貨や小物などの重さのない嵩張る物を大きめのダンボールに入れていくと効率的です。

2種類のダンボールを使い分け

大抵の引越し業者は大きいダンボールと小さいダンボールの二種類を用意してくれますので効率的に活用しましょう。折りたたんだ状態で届いたダンボールは、割れ目の部分に一文字、それを交差させるように十文字に貼ります。そうすることにより、底が抜けてしまうのを防ぐことができます。この時使うクラフトタイプのガムテープも引越し業者からダンボールとセットで提供してもらえる場合が多いようです。

衣類はどうする

衣類などはダンボールに入れる場合もありますが、衣装ケースを借りられる場合もありますから、その場合はハンガーごとかけて持って行ってもらうことができます。ダンボールに詰め込むときに使うプチプチや食器を包むクレープ紙といったものも提供されますが、プランによってはここまでのサービスはない場合もあります。

食器の入れ方

ダンボールに食器を詰め込む際には、いらなくなった布類にくるんで入れることも可能です。他に提供されるものとしては布団袋があります。紙とビニールで出来ているものや、薄い布でできているものなど、形は様々ですが簡易的なものであれば提供してもらえる場合が多いようです。

 

サイトマップ