引っ越し業者 人気 安い

引っ越し業者は人気で安い会社がおすすめ@お得に引越し

引越し業者を選ぶときのポイントと選び方

引越し業者は複数ありますから、
どのようなところをポイントに選んだら良いのかわからないですね。

どのくらいかかるんだろう

選び方としては、
安心して作業してくれる会社を口コミから探す方法や、
できるだけ安い料金で運んでくれる業者を見つける方法などです。

 

口コミや評判は調べるとたくさんでてきますが、
良い評価ばかりの会社はまずありません。

ですので、

最初に安く運んでくれる会社を調べてから評判を調べる方法
が無駄な時間をかけなくて済むのでおすすめです。

便利な引越し見積もり比較

低価格で仕事をきっちりしてくれるのに
名前があまり知られていないだけの会社があります。

料金を調べてからしっかりと会社を調べましょう。

 

=>一括見積もりで料金比較するならこちら

 

 

引っ越し料金

 

引越し料金の差は非常に大きく、
同じ荷物の量なのに3万円違うなんてことはよくあることです。

 

どうしてこんなに違うのでしょうか?

 

実は、引越し業者によって事情が違うからなのです。
引越屋さんは、いつも忙しいわけではありません。

 

暇なときには、料金を低くしてでも仕事をしますし、
忙しいときは、定価で引越しするわけです。

 

このように業者さんの状況によって値段がかなり違います。

 

あなたの日程が引越し業者の状況にマッチしたときに
安い料金で丁寧な仕事の会社に出会うことができるのです。

 

そのためには、たくさん見積もりを取ることが大切です。
料金を出してもらってから、しっかりとよい業者かどうか調べましょう。

 

=>引越し料金を簡単に比較できるサービスはこちら

 

まずは一括見積もりだ

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

 

引っ越しの手順を知っておくと便利

 

引っ越し 手順

 

引越しはすることが多いですから、おおまかな手順を一度ぜひご確認くださいね。
当日まで焦らずに過ごせるといいですね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

することは多いですが、時期がずれていますので一度にすることはそんなにないのです。
一つずつ見て行きましょう。

 

引越し業者に見積もりをするのは、新居が決まってからがオススメです。
新居の情報も費用に関係するので、新居が決まる前に見積もりを取っても正確な金額は出せないのです。
当日追加料金が発生するようなトラブルは絶対に避けたいですね。

 

そして新居に持って行く荷物は、出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるからです。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出しておきましょう。
忘れるととても面倒なことになりますからお忘れなく。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割り計算してくれます。
精算方法はそれぞれの会社によって異なるので、まずは電話にて確認してください。

 

引っ越しによって郵便物が新居に届かなくなるのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。

 

さて、引越し日は荷物の運送はほとんど引越し業者にお任せです。
しかし大事なもの、壊れたら困るもの、見られたくないもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。

 

荷解きはゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので、できるだけ早めに警察署に行きましょう。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。